危機一髪。    A critical moment

  • 2006.04.13 Thursday
  • 09:23
クリック で救える命がある。
あちこちのブログで見られたので、私も入れました。


近所にアイリッシュセッターを飼っている家がある。昨日夕方近くに、ハッピーの散歩をさせて帰る途中、そのセッターを自転車に乗って引っ張ってくるおじさん(おじいさんに近い年齢)が近づいてきた! 猫

ピーパパはピーに座れをさせて、じっとそのセッターが通り過ぎるのを待っていた。 しょんぼり

前に来たとたん、そのセッターはハッピーに飛び掛り、ピーパパはリードを持って横に転倒、これでもかというぐらいセッターはハッピーの首の辺りをがぶりと噛む体制に入った。冷や汗

私もセッターのリードを引っ張り、そのおじさんも引っ張りあげた。
この犬が先日もブログで書いた、躾?まったくされていない犬である。

ピーパパは、かなりきつくそのおじさんに、ちゃんと躾をしていないからこんなことになるんだから 躾をしなさいよと言った!が、そのおじさん、謝罪もまったくせず、ひたすら自分の犬を叩いたり しかりつけている姿を見ると、あんた飼い主としての資格ゼロだって もう少しで私は口から出そうになった怒りマーク 

ハッピーの首の辺りは、セッターのよだれでべとべとであったし、もしピーパパが転倒していなければきっとピーは噛まれていただろう。!

きっとこういう年配の方々が、手に負えなくなったら犬を不要犬としてだすんだろうな!犬を飼う資格ゼロの認定証を渡したいくらいの人! どうしたら良いものかな?

危なかった今日のことなんて、ピーさんお構いなし。相変わらずくねくね姿。人間のように、今日、嫌な事があったなんてきっと思い出すこともないのかも!名前どおりハッピー君です。
pho1

There is an Irish Setter near our house and we sometime see the owner (senior age) rides his bicycle to pull his dog hear and there. The other day, when we took a walk with Happy, we found the doggy was approaching to us. P-papa gave his command to Happy to let him stay and we just waited to see. When the Irish Setter just came into our sight, the dog jumped over our dog and intend to bite his neck. P-Papa fellow down but he kept pulling Happy’s lead. If P-papa would not have fallen down, we are pretty sure Happy would be bitten by the dog. It was awful moment and Happy was almost bitten by the dog. The owner could not control his own dog at all and he beat and scolded the dog. He never apologized us. What a man and we feel sorry to the dog not him. This kind of people often abandon their dogs because of they do not know how to train their dogs as well as they would not control their doggies. And then!







わん卓と、犬のサプリのBitte商店(New)
わん卓と、犬のサプリのBitte商店(Old)
Bitte商店
個別商品:ブラジル産、宮本養蜂場のプロポリス
個別商品:Qmelt コエンザイムQ10
個別商品:関節用サプリメント Triple Flex
個別商品:ビタミンE 400 IU 100% Natural
個別商品:歩行補助用ドッグハーネス
個別商品:フレキシリードクラシック3(赤)
個別商品:フレキシリードクラシック3(青)
個別商品:犬の関節用サプリメント グリコサミン(含コンドロイチン+MSM)
個別商品:食器の高さ調節自在の犬のわん卓室内版
個別商品:食器の高さ調節自在の犬のわん卓普及版
個別商品:能登産玄米(コシヒカリ)
個別商品:奥能登、珠洲の天然塩セット
個別商品:陳さんのゴレンペースト―100gx3
個別商品:陳さんのさといもっちx6



Bitte商店のリンク集(1)(fc2)
9月26日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月25日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月24日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月23日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月22日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月21日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月20日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月19日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月18日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月17日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
Bitte商店のリンク集(1)(fc2)
9月09日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月06日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月05日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月03日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月01日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
8月31日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月16日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月15日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月14日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月13日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)



わん卓と、犬のサプリのBitte商店(New)
わん卓と、犬のサプリのBitte商店(Old)
Bitte商店
個別商品:ブラジル産、宮本養蜂場のプロポリス
個別商品:Qmelt コエンザイムQ10
個別商品:関節用サプリメント Triple Flex
個別商品:ビタミンE 400 IU 100% Natural
個別商品:歩行補助用ドッグハーネス
個別商品:フレキシリードクラシック3(赤)
個別商品:フレキシリードクラシック3(青)
個別商品:犬の関節用サプリメント グリコサミン(含コンドロイチン+MSM)
個別商品:食器の高さ調節自在の犬のわん卓室内版
個別商品:食器の高さ調節自在の犬のわん卓普及版
個別商品:能登産玄米(コシヒカリ)
個別商品:奥能登、珠洲の天然塩セット
個別商品:陳さんのゴレンペースト―100gx3
個別商品:陳さんのさといもっちx6



Bitte商店のリンク集(2)(shinobi)
9月27日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月26日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月25日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月24日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月23日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月22日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月21日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月20日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月19日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月18日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
Bitte商店のリンク集(2)(shinobi)
9月17日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月09日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月06日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月05日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月03日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
9月01日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
8月31日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月16日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月15日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)
5月14日 2006 現在のリンク情報 (含:その後の更新)





コメント
ほんまに危機一髪やったなぁ(+_+)

そやけど、誰も怪我せんと よかったやん(*^^)v

ヨダレ。。は、チョットかなんけど(^_^;)

そやけど!!そのおっさんよ! そいつかぁー躾けができてないのん。。
犬が悪いんチャウねんな!おっさんが悪いねん!でもな。。とっさの時に どうにもできひんのに、よう 自転車で散歩さしてやるなぁー(ーー;)信じられへんわぁ。。。

自分かて、こけたら怪我すんでー。初老ならなおさらやん。

そう言うのんは、保健所に飼い主を躾けてもらうように頼むっちゅーのんはどやろ?
ほんまに危ないやん。。噛まれたら。。どうなんの?
おっさんは、犬を保健所に??そんなこと許さへんでぇー!!
そうなる前に、犬を躾けられるような飼い主になるよう、飼い主の方を躾けてもらう必要有り!!

それともその、おっさんを保健所に連れて行く?^m^
あわやハッピー君、危ないところでしたね!
あんまりそのおっさんを怒りの言葉で追い詰めると、
セッター君の行く末が心配なので、ほどほどにね。
イヌじゃなく、訓練してないおっさんが悪いんですよね
でも何か事故があったら、こいつはどうする気なんだろう。
己の義務や責任を怠って、声高に権利ばかり主張するタイプのおっさんなんやろうなぁ 

まずはこういうわかってない人間の躾から始めないとならないのでしょうか? janyskさんの仰るように義務責任に目が行かず、いざとなったら逃げをうちやがるんですよねこの手の人間は。いつも犠牲になるのは動物たちの方。こういうおっさんを一度一晩中説教してやりたい。
ゆうすみはん、そうなんですよ。誰も怪我せずによかった!でもピーパパは痛い肩を再度地面に打ちつけ、手には擦り傷、私は心臓ばくばくでした。 このあたりの保健所って何をしているのか私にはまったくわからないので、時間があったら調べてみます。保健所には、このあたりのほとんどの住人を連れていかないとだめです!
ハッピーちゃん、パパ様、お母さん、
本当に大変でしたね!
ハッピーちゃんが大事なくて本当によかった。体の傷だけでなく心の傷になったら取り返しがつかないことになりますものね。
ジャックも一度大勢で遊びに行ってその中のイエローラブのオスに組み伏せられ、噛まれそうになりました。
その飼い主さんが身を挺して止めに入って事なきを得ましたが。それ以来しばらくジャックはイエローラブのオスを見ると固まるようになりました。
もっと躾に対する関心が高まらないのかなあと痛感しています。
せっかく獣医さんなどが無料の躾教室などを開いても集まるのは数人って関心がどれだけ薄いかってことなんですよね。
正しい躾は犬も人間も幸せにしてくれると声を大にして言いたいです。
  • shino
  • 2006/04/13 2:24 PM
janyskさん、今までこの飼い主と犬には、何度も鉢合わせして、危ない場面がありましたが、いつも私たちは、避けていましたが、今回は避けても相手からがぶりときたのでどうしようもなかったです。本当ならピーパパはもっときつく飼い主に言う人なんですが、今回は(田舎のしがらみ)で、抑えたようです。でも今回はピーパパが転倒でしたが、この親父、きっと何度も転倒していることだとおもいます。どうして自分が悪いってわからないのか。 犬を絶対に飼ってほしくない人です。何かの機会に、チョークチェーンのことや、躾けのことを言ってやろうかなと思う私です。でも聞く耳持たないだろうな! 
ハルさん、田舎の人って結構わがまま放題にしている人が多いと思います。だって注意されることってまず無いので こんな常識の無いおじさんやおばさんたちがあちこちにいます。きっと彼らにとっては、私たちは新顔なのに なんというやつだと思っているに違いないです。実際 私も近所でそう思われているみたいです。 田舎の常識は都会の非常識のところがかなりありますが、私たちの常識で頑張ります!
shinoママ、本当に人間がまず躾けされないと、犬には躾けできないです。小さいときに躾をしていれば、自転車で別に散歩させなくても良いのにとおもいます。この犬のxxちも、もちろん放棄です。だって犬主導でちゃりんこに乗っている親父ですから。躾ければ人間たちも楽なのにということが、わからない田舎の人たちです。犬たちがかわいそう。 
大変でしたね。。
転んでしまったパパさん、お怪我はないですか??
そして突然ガブリ!とされてしまったハッピー君、ケガがないのが幸いでしたが、気持ちの方は大丈夫かな。。??と心配になってしまいました。
でもお家でのリラックスした表情をみて安心しました。

おじさん、セッター君を叱って叩いたりしていたのですか。
ああ〜心が痛い。。自分の責任とは思わないのでしょうか?
悪いのはセッター君ではないと思うのですが。。。
ぬつさん、犬が首のあたりを攻撃するって、まるで狩猟の為に教えているんじゃないかって想像しました。 おじさん、いったい誰が悪いのかまったくわからない、身勝手な人です。犬が本当にかわいそうです。私の友人たちのセッター犬たちは、しつけがされていて、いつもピーと遊んでいたのに。 
ハッピーちゃん大丈夫でしたか?
ピーパパもお怪我しているのに、ホント危ない。
トラウマにならなければいいけれど。
セッターの子もこんなおじさんに飼われなければ
他の犬とも遊べたかもしれませんね。
人間が犬を飼う資格がないんですよ。
先日の動物病院にいたおじさんとかぶりました。
なんかとっても悔しいですよね。
以前、エリーも襲われそうになり、私も転んでしまい
その犬を足で追い払いました(放し飼いの雑種でした)
首輪をつかんで飼い主の家に連れて行ったこともあります。
ヒートの時、門の前に日参してきた子、もうやめて!
自分の犬を守るのも大変な時代です。
そして飼い切れず、処分される犬も増えているし。
なんだかとっても悲しくなる出来事でした。
ハッピーちゃんもパパもお大事にね。ケガしなくてよかった
ほんとに危機一髪だったね!!
パパさんは怪我無かったですか?
そのおじさんって言う人は動物を買う資格なしですよ〜〜
ましてや叱ったりたたいたりなんて何の罪も無いセッターが
可哀相ですね。私も、これに似たような目に会いましたが
相手のワンコは狂犬病の予防接種もしてなかった。
こういう人って多いみたいです・・・
でも、ハッピー君何ともなくてよかったね(*^_^*)
ハッピー君、危機一髪でしたね
でもパパさん、またまた肩を痛めてしまってお気の毒です
セッターの飼い主、犬を叩く前にパパさんにまず謝罪するべきでしょう
なんだかセッターの子も可哀想・・・
皆さんも書かれていますが、悪いのは犬じゃなくて飼い主ですよね
いつもフレンドリーなセッターしか会ったことがないから、オドロキです
フンも放置なんだ(@_@;)

ハッピーのお母さん、こんな飼い主に直接注意したら逆ギレされて何かされそうだから、気をつけてね
ひよこママ、本当にひどい飼い主が多いことか!セッターと言う犬を知らずに飼ったとしか言えませんし、何を飼ってもきっと躾けれない人だと思います。ピーを守ることも大変なこの土地です。 ピーパパ曰く、もし転倒していなかったらその犬を蹴っていただろうって。でも蹴ったらきっと噛まれていたと思います。本当に怪我が無かったから今こうやってブログに書けます。
mieママ、多分私もそう思います。何を飼っても、そのおじさんのところの動物は同じ境遇に会うとおもいます。彼の家は我が家からすぐで、なんと車の後ろの窓ガラスにセッターのステッカーが貼ってあります。 そんなにセッターに想いがあるのなら、躾をして、楽しくお散歩できるようにすれば良いのに! 出来ないだろうな。
ココママ、このあたりはかなり保守的な町で、きっと新しく来たやつにはって思ったのかも!でも引っ越してきて4ヶ月が経ちますが、毎回同じような境遇に出会っていましたが、今回は最悪でした。ピーを散歩に連れて歩くにもかなり注意が必要なところです。こんな親父に、犬を飼ってほしくないです。 ピーの全セッター犬のお友達は、とってもフレンドリーで、よくピーと遊んでいました。人間が悪い!
ハッピー君パパさん酷い目にあいましたね。ハッピー君が元気なのが救いですが、トラウマになったりしないといいけど。。。

うちの2頭も同じ犬に噛まれたんです。放れていて突進してきて威嚇も無しにガブリです。
飼い主は1度目は「保険かけてますから」2度目は私の抗議に「安楽死させますか?」もうあきれて何もいえませんでした。
私も怪我をしたので、自分とワンの身を守るために口惜しいけど(自由に歩けないなんて)その近くは通りません。
その犬も見た目は可愛いけど初心者向きでは無いといわれています。
犬種の特性を知った上で訓練士さんにつけるとか習うとかして責任を持って飼って欲しいですね。
  • えのちゃん
  • 2006/04/13 9:28 PM
えのさん、そんな非常識なやつもいるんですね、どこからそんなひどい言葉が出てくるのかわかりません。異常な人ですね。私たちも、道や時間を選んで散歩しています。友人たちが、田舎は犬にとっていろんな面で良いなあと言っていましたが、とんでもない! この親父は見栄でセッターを飼ったのではないかとおもいます。田舎は世間体がかなり意識するようです。世間体?いったい何?? 躾けという意味を知らない人ばかりです!!
ハッピー君、怪我しなくて何よりでした。
うちの子も何回かリードを離した大型犬に襲われて、危機一髪でした。不思議なのは、ワンコは襲われても抵抗をせずなすがまま。それから犬を怖がる風でも無く、ケロっとしてます。飼い主の私としては、犬が近づいてくると怖くて仕方がないですが。それにしても、相手の飼い主の反応が、セッターの飼い主と全く同じ。自分の犬には怒るけど、こちらには謝罪の言葉は一切無し。全員そうでした。この国の人の特徴なのかな〜と思ってました。犬が悪いのだから、自分が謝る必要は無いという考えなのかなと。そうじゃないんですね。無責任な飼い方をしているひとの万国共通の反応なのだと今わかりました(v_v;)
はじめまして
ARK-ANGELSさんのクック日誌からこちらへ来ました
ウチのライムはARK-ANGELSさんでレスキューされました
前飼い主の処分施設持込です
ブログ初心者ですが、ARK-ANGELS代表さんの薦めもあってはじめてみました
現実に起こっている悲しい事実を知ってもらいたい
犬を家族として考えてもらいたい
ライムの姿を見て、里親について考えるきっかけになる人が一人でもいれば…
そんな事を考えて、続けています
今日の話も…
バカ犬って言葉よく目にしますが、ホントはそんな犬は世の中にいなくて、バカ人間がいるだけですよね
ウチの近所にも、ちょっとなあ〜って思う犬は結構います
高いお金出して買ったであろうブランド犬なのに…
あの子たちの行く末を心配しつつ、余計なおせっかいをしても…
少しずつ、できる事から始めて行こうと思っています





モミンスカさん、本当にこういう非常識な人って世界には たくさんいるんですね。チェコはこれからのヨーロッパだから、今 先頭にたっているEU諸国の動物愛護について良いことは取り入れていってほしいですね。 日本は、根本的に動物愛護については氷河期時代と同じようで、動物愛護に賛同する方々が一人ずつ参加して、少しでも動物に優しい国、人になって行ってほしいです。
ライムのオハナさん、はじめまして。今そちらのブログお邪魔してきました。日本のブランド商品狂いにはあきれて物もいえませんが、とうとう動物にまでブランドという言葉を当てはめるようになった日本人、情けないです。海外では日本人のブランド狂い、日本人は いい鴨だって言っていた人が多かったですよ。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

1 Buttan

アクセスカウンター

アクセス解析

試供品

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM