狂犬病

  • 2006.08.29 Tuesday
  • 07:48
先週テレビやネットで 中国での狂犬病の犬に噛まれ死亡している人が多発という記事がたくさん報道されている。中国で狂犬病の流行
空前のGNPの高さ、それが生むペットブーム。でも中国政府は狂犬病やワクチンの接種義務を怠っている。法律で規制されているのだろうか? テレビを見ていたら、お金を払ったが、注射はしもらえなかったなどの声も聞こえてきた。

そして誰かが狂犬病に噛まれると、いっせいに犬を撲殺! この国でオリンピックや万博を行えるのだろうかな? もっと基本的な環境整理、整備をしてほしい。 

そんな中国での珍しい犬たちはなんと 日本に輸出されているそう。どうして変わった犬がほしいのだろうか? 犬は犬、別に輸入しなくても国内にたくさんいる。直ぐに変わったものを欲しがる日本人。 日本もまた異常な国である。

日本もあちこちで狂犬病の話題が出てきている。港湾では海外からの船舶の上に犬がいるそうだ。これらの犬は狂犬病の注射、ワクチンなどをきちんと接種されているのだろうか? 怖い。
コメント
この記事、ちょっと前に読みました。
中国での狂犬病予防接種したワンコは全体の3%!!
3%って・・・。驚きました。。
なのにある地域では5万頭撲殺・薬殺…。
意味分かりません。
そういう短絡的なとこが中国の嫌いな所です。
野良だって沢山いるのに、オリンピックなんかは
本当に大丈夫でしょうかねぇ?
選手が咬まれて狂犬病にかかる、なんてシャレにならないですよね。。
生体の輸入に何か規制があるのか、気になってきた・・・。
狂犬病発生国からの輸入は禁止、とかあるのかしら?
狂犬病なんて昔からあるし、ちゃんと予防可能なのに、
そんなインフラもちゃんとできていない場所でペットを飼おう
なんて無茶な発想ですよね。
上辺だけの裕福さを真似しても駄目だということが、
どうしてわからないのでしょう。
それは中国だけに限らず日本もそうですよね。
無責任に上辺だけ見てペットを飼ったり、手放したり
する人がいるのですもの。
戌年だから犬を飼う?
なんて、安易なアイデアなのでしょうね。
でも、日本にもいそうですよね、そういう人。
中国国内の情報インフラがどれくらい整っているのか
わからないけれど、どんどん情報がネットとかを通して
入っていけばいいんですよね。
そして、一人一人の常識の質が高くなれば、きっと、
状況も改善できるようになるのに。。。

この事は、私も少し前に知りました。

泣き叫ぶ女性飼い主の目の前で愛犬を撲殺したり、車の中に載せていた犬も引きずりおろして、撲殺したそうです。 どこの省だか忘れましたが。わずかの補償金のようなものが出たそうです。
でも、オリンピックは大丈夫でしょう。問題ないですよ。エネルギーのつぎ込み方が違います(皮肉をこめて)。
日本にも狂犬病注射をパスする飼い主さんもいます。
国民性の違いもあると思いますが、急激な経済発展のしわよせが色んなところに出ているようです。すごい格差社会だそうです。
この記事は、保護団体のHPで知り署名を呼びかけていたので、署名させ
てもらいました!
他にも凄い記事が載っています!
食文化の違いによるものですが、凝視できないほどです!
  • りこまま
  • 2006/08/29 12:25 PM
りょうさん、本当に極端な国ですね。官僚の腐敗もたんまり。余りにも人が多い、国が大きいので統制が取れないのが現実だと思いますが、私も色んな面で敬遠する国です。他の国のことはつるし上げたりするのに、自分の足元はどうでもいいのかって言いたいです。 
ろびんの子守唄さん、言い方は違うが 中国の犬の撲殺、日本の処分犬の多さ、そんなに変わりはない。 両方とも虐殺です。 でも 狂犬病の注射やわくちんだけは、徹底してほしいですね。 これだけ人の往来が多いのだから。8月28日のTIMEの雑誌には 中国の事がたんまり書いてありました。すごかった。  
billmonさん、中国って、他国が色々とすることに対しては非難や文句が多いですが、 自国の事になると隠そうとする。でももうネットなどを媒体にして 色んな情報が外にでていく現状、もっと足元を整備する方が大切ではないかとおもいます。 日本もわんにワクチンや 注射などしない方々がいると聞いています。何かあったらと言う事を考えないのかな。それほど日本人もいい加減になってきたのですね。 別に他の国に右に倣えしなくても良いのに。
りこママ、ほんと何でも食べないでよ。椅子とテーブル以外は食べるということわざがあるぐらいですからね。 妙なものを食べて病気になる、感染する、そして近隣諸国に! SARSなどでもう十分に学んでくれたのかとおもいましたが。
中国では毛皮の問題もありますよね。犬の毛も使ってるとか(何やってるんだ中国!)
その国の生活習慣があるとはいえ、やはり理解できない国ではあります。
日本と中国は切っても切れない関係だとは解っていても、動物に対しての扱いがひどい中国からわざわざペットを輸入するなんて日本も低俗な国ですよね。
日本で狂犬病が流行してしまったらどういうことになってしまうのでしょうか?
まさか中国みたいに散歩中発見と同時に処分するなんてことにならなければいいのですが・・・
自分で気を付けていても、一人でも自分勝手な人がいるだけで大変な事態になるのに・・・気が付いて〜!
中国でそんなことになっているのですね。実は北海道でも狂犬病に関しては問題になっていることがあります。ロシアの漁船が入港する町(根室、稚内など)が悲鳴を上げています。ロシア船乗務員の飼い犬が一緒に上陸するからです。ロシアのワンは狂犬病の注射はしてない?らしい?のです。もちろんロシアの方はノーリードで勝手にワンたちは上陸するのです。日本の検疫が甘いのも事実。
トラブルにはなってませんがローカルニュースでは時々取り上げられる話題なんですよ。狂犬病でトラブルが起きてからでは遅い話なんですけど、全国展開にはなってない話題ですよね。
確実に犬も家族であるという意識は中国でも浸透してきていますが、
お役人T_T
ワンコの登録料は確か7万円(日本円で)くらいですし、
それを払ってでも動物と暮らしたいという人たちの心を
なんと考えているのでしょうか。
払っていても注射もしれくれないと、ニュースでも流れていましたね。
こうした問題が起こる度にやはりアジアンサディズムと表現され、
欧米から格下に見られるのは避けられませんね。。
同じアジアでもタイなどは、本当に仏教の美しい心が生きていますから
見習いたいです。
自分にとって都合の悪いものは、害獣扱いし、なんでも駆除!で、
動物が命でもって責任を取るというのは、そろそろやめたいですね。
でも、忘れてはいけないのは、どこの国がいけないだとか、
その国の人がいけない、絶対〜である、ということなど、
ないですし、誰かを非難するのはとても簡単だけれど
問題の根幹を見つめていきたいですね。
例えば毛皮などは、これは買う側の問題ですから、
先進国(主に日本。。)が現実を知らずに、或いは知っていても、
欲しがるために作られているので、生産国の責任だけが問われるのは
おかしいことですね。
先進国に住み、その恩恵を受けている人間として、出来る事を
考えていきましょうね!
長々とごめんなさい〜
ハッピーのお母様続けてごめんなさい〜
私の様な欧米人から見ると、本当に申し訳ないのですが、
日本もそんなに変わりのない印象です。(ごめんなさい)
先進国でありながら、虐待展示販売をし、これだけ動物の数が余っていて、
9割の命が終生を全うできないのに、どんどん生産し、お金で買いますよね?
ある友人は、まだ食肉文化の方が理解出来ると言っていました。
”ショーケースに入れて販売、審査もなく物の様に誰でも買える、
擬人化して育て、引越しや妊娠やetc人間の都合であっさり放棄する人たちが
食肉の非難?おかしいんじゃないか”
ってことです。
確かに。何も返せませんでした。
経済的発展と、弱者を護る社会というのは、大抵の国で比例していますが
日本は、これまではともかく、最近の行政はとても頑張ってくれているのに、
市民の意識がまだまだ(他人事?)なので、あまり浸透していないですね。
現実を知った私達が、頑張るしかないです!頑張りましょう。
  • らんご
  • 2006/08/29 4:43 PM
nicoさん、狂犬病の問題が問われている国から わざわざ犬を輸入しなくても。 そこまでこだわった犬がどうしてほしいのかな? ステータス?それとも? やめて欲しいですよ。
マータンのママさん いや日本中の港湾施設では、同じ状況だとおもいます。船の上から降ろさないで欲しいです。 もしもの事があったらどうするの? 狂犬病は本当に恐怖ですよね。 日本の検疫ももっと厳しくするなり、法律を設けるなりしないと、何かあってからでは遅すぎ!
らんごさん、いや日本人の私が情けなく思うのですから、欧米諸国からアジアのこれらの動物愛護の欠如を聞かれると、アジアは、日本はと言うことになるとおもいます。この日本の動物愛護どうなっているの、中国の撲殺と同じことを、日本人は行っています。 撲殺と窒息死、どちらも虐殺と言う言葉が当てはまるとおもいます。 他国のことをニュースにあげる前に、自分の足元は、国はと言うことをもっとメディアは取り上げて、国民に関心を持ってもらいたいです。
らんごさんが仰るように、まだまだ日本も中国も成熟度が低いですね。欧米の真似をして『ペットを飼う』という『ファッション』のみ輸入してる感じです。文化にはまだなっていない。犬猫を『生き物』として見ていない、扱っていない、考えられない。自分たちの行為に気付いていない。だからなぜ悪いのか、非難されるのか理解できない。気付いて行かないといけないですね。少なくとも日本にも中国にもそれはおかしいと感じる人がいるのですから。未来は明るいと信じたいです。
犬に対する認識は国でずいぶん開きがあると思います。
以前、お会いした中国の方は我が家の犬を見て「あら、美味しそうね!!」と言っていました(もしかしたら冗談だったのかもしれませんが...)
知り合いのカナダの方は「外で飼う犬はペットじゃないよ、家の中で飼うべき!!冬はどうするんだよ」と言っていました。
オーストラリアのトレーナーは「ピンチカラーはもってもほか!!チョークタイプの首輪も虐待だからやめなさい!!トレーニングは絶対にハーフチョークを使うように!!」と怒られました(パティーは以前はパラシュートリードのチョークを使っていたので)
人それぞれの意見も違いますが、やはりずいぶんペットに対する認識はアジアの方がまだまだだと思います。
今の状況を知って、他の人にその事を知ってもらう。
そのような事が、きっと今後につながるのだと私は思います。



ハルさん、もっと粋な日本人になってほしいねえ。流行に流され、考えることをせずに、皆と同じ行動をするって、粋じゃないなあ。 自分を持って、また周りに流されないようにして、動物のことを真剣に考えながら家に迎えてあげてほしいです。これはおかしいという方々の輪が大きくなればいいなあ。 中国は?
パティーママ、わかりますよ。中国の人は赤犬、ちゃうちゃうや等を食肉として食べている地域があります。でもヨーロッパやアメリカの友人たちは、犬の立場になって話をしてくれます。やはり動物後進国との違いでしょうね。経済大国日本? 少しでも欧米に近づいてほしいです。
犬の用具も日本と欧米ではかなり違いますね。
見た!見た! 以前 この記事を読んで ビックリした。
中国って かなり発展してる部分もあれば 遅れてる所もあり、1つの国の中で 不釣合いな部分が多過ぎる。

名古屋にも 犬鍋が食べれる韓国料理店がありますよ。
ゼッタィ日本人は 食べないと思うけど・・・
牛、豚の肉を私達も食べてる訳だから 同じように 罪深いことを 動物達にしてる事になってしまう。
自分もスーパーで何も考えずに肉を買って食べているのだから、犬や猫の肉を食べる人のことを非難できないのは、わかっています。
牛や豚を食べる為に飼育する事アメリカでは仕方ない命など無いのだからと活動をしている愛護団体が沢山ありました。
べジタリアンで有名なポールマッカートニーの言葉です。
『と殺場の壁がガラス張りだったら、みんなべジタリアンになるでしょう』
  • りこまま
  • 2006/08/30 12:29 PM
非難するのではなく、客観的に見ることが大切では?
狂犬病のワクチン代を寄付することもできます。PETAでワクチン行うことになりましたよね?
毛皮の輸出先は日本です。日本人が買うから、生産されています。ファー小物たくさん安く売っています。
日本人が安く買うために、生産国では過酷な労働条件で働かされますし、動物たちはもっとひどいです。フェアトレード商品は激安ではないので売れてないですね。。。
犬チゲ、日本人も食べてますよ、殴り殺してから食べると精力がつくそうです。
なぜアジアの国をそれほど下に見れますか?
自分のやっていることが客観的に考えられなければなにも解決できません。
  • 2006/08/30 2:14 PM
お母様、何度も現れてすみません〜

杏さんがおっしゃること、もっともですね。
いつも自分自身を省みることを忘れずにいたいです。
IFAWのサイトは、日本語サイトもありますから、
いつだって新しい情報を得られますし、お隣の国を変えて行きたいなら、
いくらでも方法はあり、協力も出来ますよね!
食べる事にコメントがずれてしまってすみません。

欧米人のアジアへの動物に対する非難は、まずは必要以上に苦痛を与えている、
という状況に対してなんですよね。
食肉になる動物達の福祉、展示販売。。
食肉については、どの肉だから、というよりもまず管理方法を
問われていますね。
美味しくするために、苦痛を与えすぎているからです。
私の国では、豚は係留し飼育することが禁止です。
食べるためであってもストレスは与えてはいけない、という
決まりがあります。
私は、お肉は食べない人間ですが、(ポールのようにビーガンではなくべジです)
動物植物に限らず、必要な分だけ頂くことは、生きものが生きる上で当然のことと思いますが、飽食の国、
何でも手に入る国で、他の国の事情、というのも
また新たに考えさせられる問題でしたね。
美味しく安くするために、しわよせを受けているのは動物達ですから、
そんなことを少し念頭においていただければと思います。
フカヒレなども、乱獲が激しく世界中から非難を浴びています。
こうした問題は、なんでもその場で終わりとなりがちですが
自分の問題でもある、として皆に考えてもらえるように、
頑張りましょうね!

長々と高圧的(?)ですみません〜
とても信じられない記事ですよね!今、日本は狂犬病ってあまり聞きませんがそれでも毎年予防注射はしています。
でも、中には何もしてない飼い主さんがたくさんいると聞きます。何かあってからでは遅いのに・・・
りゅうママ、私は海外で仕事していたときに、食事に誘われるたびに、素材は何だって聞いていた人間です!蛇、犬、猿、カンガルーなどなど、目の前に出てきたのですが、ベジタリアンだって言っておりました。 
↑のらんごさんのコメントすごく勉強になりました。食肉用の動物たちの経過も問題ですね。 
りこママ、お肉のこともそうですが、やはり日本はもっと身近にいる動物たちを大切にすることからスタートしなければいけないと思いますね。私も屠殺場の様子を見たら食べれなくなるとおもいますが、日本の食肉管理施設はかなり欧米化してきているそうです。金沢の施設を先月ビデオで見ましたがそれでも私は半分もみれなかったです。 
杏さん、批難はいくらでもできますね。
物事を客観的に見れたら、絶対に今の日本の動物事情は変わっているとおもいます。 客観的に物事を見れない人が多いために、平気で動物を捨てたり、殺傷したりしているのですから。 客観的に物事を見れるようにするには、やはり小さいときからの大人が教えなくてはいけないとおもいます。 ifという言葉の教育を日本もしてほしいです。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

1 Buttan

アクセスカウンター

アクセス解析

試供品

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM